スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヤキ大木、憩う集う 杉並区に念願の公園、感慨無量(産経新聞)

 長年にわたり地域の人々に親しまれてきたケヤキの大木を生かした「杉並区立坂の上のけやき公園」が同区西荻北に完成し、18日、現地で開園式が行われた。地元住民によるケヤキの保全運動を受けて区が民有地を買い取って整備したもので、関係者は感慨無量の表情をみせた。

 名称の通り、坂の上にある同公園は広さ855平方メートル。もともとここは民有地で、敷地内には樹齢90年を超えるケヤキの大木(樹高約19メートル、幹周り5・5メートル)があり、地域のランドマーク的存在として親しまれてきた。だが、2年ほど前に所有者が代わり、ケヤキの存続が危ぶまれたことから、地元住民を中心にケヤキの保存を求める署名運動が展開され、約8600人の署名が区長に提出された。

 これを受けて区で保全に向けた検討を重ねた結果、この土地を買い取って公園として整備することに決定。昨年11月から総事業費約2500万円をかけて造成工事を進め、今月1日にオープンした。

 開園式は午前10時から、菊池律副区長や地元住民ら約300人が出席して行われた。菊池副区長は「街のシンボルであるこのケヤキを守ろうという熱い思いが込められた公園の開園をうれしく思います」とあいさつ。この後、保全を求める署名など地域住民の思いが詰まったタイムカプセルが埋められた。

 保全運動の中心となって活動してきた作家の天高文(てん・こうぶん)さん(60)は「地域の憩いの場となる公園として、ケヤキを残すことができて本当によかった」と話した。

キセル乗車 相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業-刷新会議(時事通信)
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾-刷新会議(時事通信)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
参院で議員控室交換の引っ越し始まる(産経新聞)

テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)

 テレビ朝日は16日、平日深夜に放送中のバラエティー番組「お願い!ランキング」で紹介され、同局運営のサイトで販売した商品に規格と違う製品があったと発表した。3月5日の放送で取り上げた「蝶々プロデュースCHOCHOデコ財布」(9800円)で、4月12日までに445個が販売された。同局では今後、規格通りに作り直したものを再配送する。

 同局広報部によると、財布は、チェーン部分にローズクオーツ6個を使ったという説明だったが、すべてアクリル樹脂だった。さらに、側面には215粒のクリアストーンをあしらったとしていたが、一部の製品は213粒しかなかった。

 購入者の指摘で発覚。メーカーからの発注指示が、下請け業者に正確に伝わっていなかったことが原因という。

 広報部は「商品の取り扱いについてはなお一層、精査し、再発防止に努めます」としている。

【関連記事】
テレビ朝日番組が無断でロケ撮影 ビルのオーナーに謝罪
BPOが「報道ステーション」を審理 長野の老夫婦殺害報道で
テレビ朝日副部長、タクシー運転手に暴行容疑逮捕 本人は否認
タクシーに無賃乗車でテレ朝プロデューサー逮捕
テレ朝が「別人写真」報道で当時の局長らを厳重注意

元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」-東京地裁(時事通信)
井上ひさしさん密葬 「残念」「遺志継ぐ」(産経新聞)
<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)
<雑記帳>「エゾヒグマ館」公開へ 札幌(毎日新聞)

文部科学省、公立学校の耐震化に予算配分(産経新聞)

 川端達夫文科相は16日の閣議後会見で、公立学校の耐震化や老朽化対策について自治体に費用を交付する意向を示した。今年の夏ごろまでに具体的な結論を出す方針だ。

 今年度予算の予備費の活用を視野に入れ、年度内の交付を目指すという。

 公立学校の耐震化対策の予算をめぐっては、国会審議で「政府は高校無償化に約4千億円が必要となるため、耐震化予算を削った」などの批判が出ていた。また、衆院文部科学委員会も今月14日、政府の取り組みが不十分として、耐震化対策に対する予算確保などを求める決議を採択していた。

【関連記事】
鳩山首相、学校耐震化へ予備費活用を指示
学校耐震化の予算確保を 衆院文科委が決議
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 
学校耐震化で景気対策枠2兆円の活用も 菅財務相が示唆
「仕分け人のやることではない」 川端文科相、枝野発言に苦言
外国人地方参政権問題に一石

新党の略称は「日本」に(産経新聞)
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減-春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
かくて国家や日本人の名誉は貶められる(産経新聞)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)

カタクリ 薄紫色の花が魅了 栃木・那珂川の公園(毎日新聞)

 栃木県那珂川町三輪のカタクリ山公園で、カタクリの花が満開だ。薄紫色のかれんな花が、訪れた人を魅了している。

 丘陵地の森林に、3ヘクタールにわたって約100万株が自生する関東最大規模の郡生地。15年ほど前に歩道などが整備された。地元のNPO法人「山野草保存会」によると、今年は寒の戻りの影響で開花が遅かったという。見ごろは10日前後まで。【手塚耕一郎】

<両陛下>静養で静岡入り(毎日新聞)
「首相が大バカ者なら国持たぬ」鳩山首相が新官僚に訓示(産経新聞)
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当-府警など(時事通信)
参院選へ新党結成=10人以上を擁立-山田杉並区長ら(時事通信)
外国人の歯科医師、看護師などの就労年数制限、撤廃へ―法務省(医療介護CBニュース)

「来恋みこし」来ないギャル ハッピ姿恥ずかしい? 滋賀・草津宿場まつり(産経新聞)

 滋賀県草津市の旧東海道沿いで25日に開かれる「草津宿場まつり」の呼び物として、昨年から企画された女性みこしの参加者が集まらず、主催者が困惑している。約40年続く祭りの“新しい華”として期待されるが、締め切りだった3月末までの応募は定員の4分の1以下にとどまり、実行委員会は締め切りの撤廃を決めた。「ギャルみこし」は全国各地の祭りで取り入れられているが、地方都市では人集めで苦戦を強いられているようだ。

 草津宿場まつりは昭和44年に始まり、メーン行事の時代行列が楽しめる湖国の春の恒例イベント。だが、マンネリ感もあったため、草津市などでつくる実行委は昨年初めて「来恋(こいこい)みこし」を企画し、女性30人を募集した。

 ところが、この名称が「恥ずかしい」と不評で、締め切りを約2週間延長してようやく29人を集めた。今年は名称を「来来みこし」に改めて期待をかけたが、締め切りの3月末では定員30人に対し、応募はわずか7人。7日午前現在でも9人にとどまっている。このため実行委は、締め切りを撤廃し、ぎりぎりまで募集を続けることにした。

 若い女性がはっぴ姿で練り歩く行事は、大阪の夏の風物詩、天神祭に合わせて地元商店街で行われる「ギャルみこし」が有名。担当者によると、定員70人に対して毎年200人程度の応募がある“買い手市場”で「参加者は関西全域から集まってくれる」という。

 だが、草津宿場まつりと同様に、地方のイベントでは人集めに苦心しているようだ。

 埼玉県寄居町の「よりい夏祭り」では20年以上前から女性みこしを続けているが、町人口は3万人余りで、毎年頭を悩ませる。事務局では、10回以上参加した人を表彰したり、一度参加した人に直接はがきを送ったりするなど、あれこれ工夫を凝らしており、「町ぐるみで盛り上げることが大切。役場の女性職員も積極的に参加している」という。

 草津市でも「若い女性がはっぴ姿で歩くのは恥ずかしいのかもしれないが、新しいまつりの名物にしたいという思いは変わらない」(市担当者)といい、「関心のある人は、まず連絡を」と呼びかけている。

 草津宿場まつりの女性みこしは、市外在住者も参加可能。問い合わせは実行委(TEL077・566・3219)へ。

10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
神教組基金 北教組と類似性 詳細不明「公金でない」(産経新聞)
大阪の1級建築士、アパート構造計算書を偽装(産経新聞)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。